プロフィール

 

~世界一の教育国フィンランドの

教授も訪れる~

 

 

 

国際スピリチュアル教育専門家
叶 礼美(かないれみ)

 

米国カリフォルニア州認可登録

ワンネスインスティテュート 学長・講師

 

12月2日生まれ いて座

 

 

幼いころから不思議体験を

数多く経験

20歳、英国大聖堂での

神秘体験をきっかけに頻繁に

体験が起こるようになり、

人間の根源、目的についての

問いと探究が始まる。

 

大学卒業後、社会の荒波に揉まれ

3ヶ月目にして転職、貯金に励み

英国留学。

 

一年コース、英語の資格取得、

インターンシップ修了後、

ヨーロッパを3カ月かけて

時計回りに旅行中、

臨死体験や記憶障害も含む、

数々の不思議体験を重ねる。

 

帰国後、上場企業で働き始め、

結婚、公私ともに忙しい日々を

送っていたところ、

ストレス疾患、退職。

 

 

体の声を聴き、感性や直感を大切に、

好きなことに没頭しつつ自分を癒して

治癒に至り、その後エネルギー・

自然療法・周波数・瞑想など

自学実践。

 

2004年、

スピリチュアリティ(霊性)と

ワンネス(存在の一体性)に出会い、

ずっと知りたかった「世界の理」と

「存在の本質」を知る。

 

 

2006年4月より月例の
瞑想会スタート

 

 

2007年米国先住民の聖地

シャスタ山に3カ月滞在し

徹底的な内なる対話のあと帰国、

 

 

それまでの3年間の実践を経て

会社を退職し、1年間の

教師課程に取り組む。

 

 

2008年、カリフォルニア州認可登録

聖職者資格及びスクールチャプター

認可を得て

 

スクール・オブ・スピリチュアリズム
ワンネスインスティテュート設立

 

2009年より毎年、

日本で認定スピリチュアル

カウンセラー・自然療法

セラピスト養成講座を開催

 

 

 

2013年から毎年、定期的に

フィンランド・スイスで

養成講座やセッションを行う。

 

 

2015年には

学会でのワークショップ

「ヴァイブレーショナル・メディスン

英国保険適用の自然療法 

クリスタルアキュパンクチャー

ワークショップ発表 

 

2016年からは田園調布長田整形外科

クリニックでの医師とのコラボセミナー

エネルギー概論・ミディアムシップ・

チャネリングメッセージ・

グループコンサルイベント

 

英国人脳神経学者と

量子力学×スピリチュアリティ

3回シリーズでコラボセミナー開催

 

フィンランドの健康・スピリチュアル

・ライフスタイル誌に

巻頭6ページのインタビューが掲載される

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年、
3月、8年間の認定講座開催を経て

スクールカリキュラムを

集中講座にリニューアル

365日実践メール講座をオープン

 

4月、精神科医の先生にお招きいただき

危機対応(自殺相談)の相談員の方々へ

心身のセルフケアセミナーを開催

 

病院にお招きいただいて

院長はじめ7名の医師の方々と

約30名スタッフの方々へ

スピリチュアリティ講演を開催。

 

7月、生命意識に関する専門家の知見を

普及するためのプラットフォーム

一般社団法人国際生命意識協会を設立

 

2018年、

3月、国際生命情報科学会にて

「劇的な改善の事例と生命意識の重要性」発表

 

7月、3分でストレスフリーのマネジメントスキル

クォンタムマネジメント

インストラクター養成講座開始

 

10月に日本医療催眠学会にて発表

「劇的な改善の事例と生命意識の重要性」

発表

 

11月、スクール設立10周年

協会設立活動キックオフ

記念講演会・記念式を開催。

医師 萩原優先生、長田夏哉先生、池田和子先生

意識科学の専門家 米田晃先生をお招きして

記念講演会

記念式では、実践家・国際認定スピリチュアリスト

認定インストラクターの発表が絶賛を博す

 

・・・ 

  

2005年からこれまで

14か国籍に渡る、

3700人を超える

8歳から80代の老若男女

 

 

教師、弁護士、大学教授、医師、

医療や介護福祉職、科学者、

カウンセラーやセラピスト、

主婦、メディア、映画監督、

経営者、会社員、元王族

 

 

国籍も年代も職業も異なる、

多くの方々に

素晴らしい生命の本質としての

スピリチュアリティ探究、

一体性・生命意識の理解と
価値を多くの人に伝えるべく

日々実践、活動を続けている

 

 

2010年生まれの娘の子育ても

楽しみながら、家庭と仕事を

両立するワーキングマザー。

 

 

ワンネス意識、スピリチュアリティと癒しの真髄を。メディカル×スピリチュアル活動

人生には、スピリチュアルな視点を用いることで初めて得られる問いへの答え、そうしてはじめて癒される痛みや悲しみがあります。人生には、ヴァイブレーショナルなレベルで初めて解決される問題、そうしてはじめて癒される人生があります。

 

 日本では2009年から2016年まで、引き続き「年間プログラム、認定コース」をほぼ、毎月開講し続けてきました。2017年からは「国際認定スピリチュアリスト六カ月集中講座」を開催しています。日本での年間を通じた養成講座やイベントのほか、メディカル×スピリチュアル活動を進めております。

 

脳生理学や臨床催眠の勉強会への参加などを通して専門家の方々と交流させていただき、そのようなご縁がきっかけで2015年3月と2018年3月に国際生命情報科学会でヴァイブレーショナルメディスン・英国保険適用自然療法クリスタルアキュパンクチャーのワークショップ、生命意識の重要性についてを発表させていただきました。

 

学会での出会いをきっかけに、脳外科医の研究会にてセラピー講義を依頼いただいたり、科学や医療の専門家がスピリチュアル関連・セラピー関連の講座やセッションにいらしてくださいました。

2016年には「身体に語り掛けると病気は治る」の田園調布長田整形外科 長田先生とご縁をいただき、「エネルギー概論」「ミディアムシップ」「スピリットガイドからのチャネリングメッセージ」などのコラボセミナーやグループセッションをご一緒させていただきました。今後もご一緒にプロジェクト協働させていただきます。

 

また、英国人脳神経博士でトランスパーソナルの学位をもつDr.アーンショーと「量子力学×スピリチュアリティ=現実化」など、3つのセミナーをコラボで開催いたしました。

 

2017年4月には精神科医の先生のお力添えにより、危機対応(自殺相談)の相談員の方々へ心身のセルフケアセミナー、病院にお招きいただいて、院長はじめ医師の方々やスタッフの方々へ、スピリチュアリティ講演を開催。

 

2018年5月にウェブサイトを公開した一般社団法人国際生命意識協会では、「魂の医療」医師の、萩原優先生、長田夏哉先生、2名の海外専門家、マーガレット・ロジャース・ヴァン・クープス博士と、全米の直感コンサルタントであるリン・ロビンソン氏をアドバイザリーボードに迎え、活動を立ち上げ。7月にストレスマネジメントの画期的スキル「クォンタムマネジメント・インストラクター養成講座0期」を行い、ストレスマネジメントの画期的スキルの普及にむけて活動をスタート。

 

2018年10月、医師 萩原優先生が主宰される日本医療催眠学会にて、劇的な事例と生命意識の重要性について発表。

 

フィンランドでのセラピーデモンストレーションと講座

2018年11月、協会活動開始キックオフとスクール設立10周年を記念して、3名の医師、萩原優先生、長田夏哉先生、池田和子先生と1名の意識科学の研究家、米田晃先生を招き、記念講演会・記念式を開催。

 

2018年12月より、ホリスティック医療の第一人者である医師 帯津良一先生が理事をお務めの「覚醒医療ネットワーク」研究員、生命ネットワークフォーラムの執行部フェロー。

2019年5月、医師 萩原先生が主宰NPO団体「ほぁ~がん」サポートネットワークにて講演の予定。

 

 

 

 

世界で活動しています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スイス・ドイツ・オーストリアの スピリチュアル・健康・ライフスタイル誌エンゲル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海外の活動 

海外では、現地の方を対象とした

各種講座・個人セッション・

イブニングイベントを開催しています

 

2013年6月 フィンランド出張

2014年6月 フィンランド出張

2015年1月 スイス出張

2015年7月 フィンランド・スイス出張

2016年1月 スイス出張

2016年7月 フィンランド・スイス出張

2017年7月 フィンランド・スイス・イタリア出張

2018年7月 フィンランド・スイス・クロアチア出張

2019年1月 フィンランド出張

 

 

——————————————————

スピリチュアリティを教育の一分野へ
——————————————————

人生には、

スピリチュアルな視点を

用いて初めて得られる

問いへの答え、

解決される問題、

 

そうしてはじめて

癒される痛みや

悲しみがあります。

 

そして、スピリチュアルな

視点を用いることで

初めて理解できる

人間の本質と価値、
実現できる

未来と目的とがあります。

 

そのような心身の癒し、

内なる平和、

人生に対するより深い

理解や指針を求め、

人はスピリチュアリスト

のもとを訪れます。

 

 

私は2004年から

330以上の講座を開催し、

3700人を超える人々に

スピリチュアリティを

お伝えするなかで、

 

 

困難や恐怖を脱した方々、

ショックや傷を癒し

自分らしい人生を

生き始めた方々、

 

 

自己の本質を知ることで

生きる目的や笑顔を

取り戻した方々、

 

 

学ぶことで自由を

獲得した方々、感動と

喜びに輝き始める大勢の方々..

を見てきました。

 

 

 

数十年も悩んできた問題が、

たった一つのセッションで

解決してしまう”奇跡”も、

何度も目にしてきました。

 

 

全ての人に関わる、

根源的な生命についての

知識と実践

命輝く人生の学び。

 

 

一人ひとりが

人生の真の意義を理解して

生命への愛と尊重のうちに

生きることを選択したなら

 

 

世界は平和な場所に

確実に変わっていきます。

 

 

 

 

一人一人の日々の実践は、

そんな未来へつながっています。

 

 

生命の本質としての
スピリチュアリティは

医学や科学と同じく

真摯な探求に値する分野です。

 

本質的なスピリチュアリティを

生命教育の一分野として

堂々と探究し、語れる

社会を実現したい。

 

 

そのために、まず本質的な

スピリチュアリティを理解し、

それを当たり前のこと、

普通のこととして語る人々が

増えること。

 

 

それが、

私がスピリチュアリストとして
取り組んでいる使命です。

 

そのためには、

できるだけ多くの人に
「人の本質」=

「スピリチュアリティ」
ということを

知っていただくことから。

 

そのような未来へ向かって、

一日一日、発信し続けたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加