天性の能力を開発・開花させ豊かな人生を送る

こんにちは。叶 礼美(かないれみ)です。

 

 

スピリチュアル能力は

「特別な人のもの」「特殊能力」ではなく、

もともとすべての人に備わっています。

 

ここでは、

どんなトレーニングをすると

何故、誰でもできるようになるのかを、

ご説明します。

 

 

持って生まれているけれど、

使いこなす訓練をしていないその能力を

開発して生かすことで

人生はあらゆる意味で何倍も豊かで

充実したものになる可能性

 

誰もが、秘めているのです。

 

 

国際認定スピリチュアリスト集中講座2017

体験セミナーに今すぐ参加したい方は

こちらへ

https://coubic.com/oneness-inst/263090

 

スピリチュアルな能力を日常や仕事や家庭に活かすと、

人生はずっとシンプルで豊かになり、

それまで見えなかった可能性と未来が開けてくるのです。

 

 

天性の能力を開花

 

 

 

 

参加者の方の喜びの声

私、叶 礼美が運営する

カリフォルニア州・公式認可登録

スピリチュアル・スクールの

ワンネスインスティテュートでは

 

 

日本では2009年より毎年、

ヨーロッパでは2013年より

能力開発の講座を行っています。

 

 

まずは、参加者の方からいただいた

喜びの声をご紹介いたしますね!

 

 

 『今まで様々なスピリチュアル本を

読んだり勉強をしてきましたが、

1日目からとても納得がいく

濃い内容でした。 楽しいの一言です!

 

 

この様な勉強ができることに

喜びを感じています。

 

 

また、とても分かりやすい

教え方をしていただいているので、

どんどん吸収でき、学ぶたびに

自分が癒されています。

 

 

これからも勉強していきます。』

(美香さま サロン経営)

 

 

『本当にパワフルなセミナーでした。

今の私にとって必要なことばかり。

決して一人では体験できないこと

ばかりでした。 

 

今まで本やセミナーなど知識が

あっても乗り越えられなかったものが、

自然の流れに乗って乗り越えられるなんて、

感激です。 (良子さま 主婦)』

 

 

 

美香様も、良子様も含め、参加された

99%の方が、数日間のトレーニングで、

今までずっと分からなかったことが分かり、

こんなことができるようになるなんて!

驚かれます。

 

 

初めから自信のある人はいない

 

できるようになるのはなぜなのか。

 

 

受講前は、皆さんが口をそろえて

「私はそういう能力がないんですが、

講座を受けても大丈夫でしょうか?」

とおっしゃいます。

 

 

不思議というか必然というか、

この現象は日本でも海外でも全く同じです。

 

 

幸せになれる日はいつやってくる?私にもできる?能力開発

 

 

はじめは「自分には能力がない」と

思って参加される方が90%。

 

 

ところが、講座が終わると、

そのうちの100%の方が

「こうすればできるんですね!

に変わります。

 

さらに、講座のなかや、

日常で出来事が起きて

実践する機会を得たり

レポートを書いたり

課題をこなしていくうちに

能力をどのような場面で

どう使えばよいか

 

自然と身についていきます。

 

スピリチュアルセンス・サイキック能力とは?

そもそも、しばしば超能力と訳され、

第六感やESPなどと呼ばれることもある

スピリチュアルセンス、

サイキック能力とは、一体何なのでしょうか。

 

 

「特別な人のもの」

「特殊能力」

 

誤解されやすいこの能力は、

 

 

通常の五感で捉えられる

物質レベルを超えた

微細なエネルギーレベルの世界を

知覚する能力のことを言います。

 

 

そしてそれは、もともと、

全ての人に備わっているものなのです。

 

フィンランドでのセミナーの様子

 

 

全ての人に備わる能力…デフォルトの機能

生まれる前や、

亡くなった後、

それから体外離脱の際、

 

 

肉体から抜け出ているときに

魂が外の世界を知覚する方法は、

人が肉体に備わった五感を通すのとは

異なる方法で外の世界を知覚しています。

 

 

Stars, lights

 

私たちの本質、

物質的な肉体に宿る前に

「スピリット(エネルギー)」

である人間は、

 

そもそも

非物質的存在、それゆえ

その知覚方法も、非物質的

 

 

物質としての肉体に備わる「五感」で

捉えられる領域を超えた世界も、

スピリットの「繊細な感覚」でなら

知覚できるのです。

 

 

それが、スピリットの

デフォルトの機能です。

 

 

誰もがスピリット

 

→誰もにスピリチュアルな感覚機能が備わっている

 →誰もがスピリチュアルな能力を備えている

 

 

ということになります。

 

使えない、聞こえない、見えない理由

 

それではなぜ普段、見えない、

聞こえない、感じられないのかというと、

 

 

肉体のなかでは、

肉体に備わる感覚器官で

知覚可能な領域超えた

微細なエネルギーを知覚できるようには

訓練されていない、

チューニングを合わせる方法を

知らないから、なのです。

 

 

 

意識と肉体で、異なる知覚方法

 

人の肉体には目、耳、皮膚、舌、鼻

という感覚器官(五感)

身体に備わっています。

 

 

これらの五感には

視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚があり、

通常、私たちはこれらの感覚が

捉えることのできる範囲で

外の世界を知覚しています。

 

 

目や耳など、

肉体の感覚器官で捉えられる範囲を

「可視域」「可聴域」などと呼びます。

 

 

これらの感覚器官を通して知覚された

情報は、脳に送られ、
視覚情報、聴覚情報、

触覚情報、味覚情報、嗅覚情報…

として、各々処理されます。

 

 

物質的に存在する領域の周波数を五感で

捉えているのが、人の通常の状態です。

 

 

一方、「通常の範囲を超えて敏感」な人々や

「能力開発」のトレーニングを受けた人々は、

どのように世界を知覚しているのか

というと…

 

 

 

肉体が知覚できる範囲を超えた

(見える・聞こえる・感じられる)、

微細な情報の入力に気づき

 

 

それらの情報を潜在意識のなかにある

記憶情報と照らし合わせ

「視覚情報、聴覚情報、感覚情報」

変換し

 

 

その微細な情報を

把握したり、描写したり、変化させる…

ということをしているんですね。

 

 

 

ひょっとすると、文字で読むと

難しそうに聞こえるかもしれませんね。

 

講座でお話すると、どなたにも

とっても簡単に納得いただけるのですが…

 

 

ここでは、

 

 

通常、人の五感で捉えられる範囲を超えた

微かなエネルギー(情報)を捉え、

その特徴を描写したり、解釈できる能力

 

 

と理解していただければと思います。

 

 

 

能力を最善の方法で発揮するための三種の神器

 

さて、その能力をきちんと

使えるようになるトレーニング

あるのです。

 

たとえば、

 

能力開発のトレーニングでは

ペアで数多くの

リーディング(情報を読み取ること)

エクササイズを行います。

 

 

相手の過去にかかわった人物や出来事、

相手の才能、性格の特徴、

感情、思考的な面、習慣や

課題や問題の原因となる出来事や

それらの解決方法など

あらゆる情報を

読み取っていきます。

 

 

 

こういったことを意識的にできるよう

訓練するのが能力開発トレーニングです。

 

 

誰でも、まだらに能力(直感や虫の声)

使っているものですが

能力開発の正統なトレーニングでは

無意識的に使っている能力とその解釈を

意識的に、使いこなせるようになることを

目指します。

 

 

が、一つ、お話しておかなくては

ならないことがあります。

 

 

それは、能力だけを開発しようとしても

必ず行き詰ってしまうということです。

 

 

 

そのようにして困ってしまった方々が

これまで何人も、

ワンネスインスティテュートに

お越しになられました。

 

 

 

せっかく能力を開発するのであれば

目的をしっかり把握したうえで

能力をバランスよく

最善の形で開花させ、

最高の形で活用しつづけられる

方法がいいですね。

 

 

 

そのために

ワンネスインスティテュートが

大切にしている「3種の神器」を、

ご紹介します。

 

 

 

 

<3種の神器-1-地図>

 

スピリットの世界

スピリチュアリティ本来の能力とは何か

何故それらの能力を備えているのか

能力をバランスよく開発し、

最高善の形で活用する方法

 

についての理解。この理解が「地図」の役割をします。

 

 

<3種の神器-2-羅針盤>

そして2番目の羅針盤となるのが

 

3つの主要な能力

 クレアボヤンス(透視)

 クレアオーディエンス(透聴)

 サイコメトリー(超感覚)

 

といったスキルを開発・活用する

実践トレーニング。

これらの能力が「羅針盤」となります。

 

 

<3種の神器-3-スピリット>

そして<3種の神器―3>とは

地図と羅針盤をつかうご本人、

つまりあなたというスピリットです。

 

 

どんなに素晴らしい道具を持っていても、

実際に使わなければ宝の持ち腐れ。

 

 

 

 

 

全体が把握できる地図の読み方を教わり

羅針盤をよく磨き、正しく使う方法を

教われば「誰にでもできる」のです。

 

 

英国伝統スピリチュアリズムの系譜を

引き継いだ教育を受け、

 

 

独自に探究と統合の作業を続けながら

実践を積み重ね

米国カリフォルニア州の認可登録を受け

 

国内外で「Authentic(本物)」と

評価される実力を養ってきた

スクールだからこそ

 

 

スピリチュアリティ全容を

把握できる地図と、

羅針盤の磨き方・使い方を

お教えし、トレーニングできるのです。

 

 

 

まとめ

カリフォルニア州公式認可登録を

受けたスピリチュアリティの

専門教育スクール

ワンネスインスティテュートでは、

 

 

これまで、日本、フィンランド、

スイスで、能力開発講座を行って

きました。

 

 

受講生には、主婦、会社員、経営者の方々や、

医師、科学者、弁護士の方々などもあり、

「論理的で整合性のある説明に納得」

「ここまで体系立てて教えていただける

ところは他にない」と絶賛をいただいています。

 

 

でも、

この講座を受けられる機会は年に一度だけ。

 

これからの人生をすっかり変えてしまう

力を秘めたこの能力開発の講座は

 

 

スピリチュアリティの基礎を習得できる

インターナショナル・クオリティ

6カ月集中講座にて受講できます。

 

 

ぜひ『国際認定スピリチュアリストになる!

6カ月集中講座』(5月開講)で、

ご自身の本質と能力を発見し、

夢を叶え、潜在能力を存分に発揮して、

人生の目的を叶えてくださいね。

 

 

そのようなお手伝いをさせていただけることを、

心より楽しみにしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加