あなたのエネルギーフィールドは何層あるでしょうか?

国際スピリチュアリスト教育の専門家 叶礼美です。

 

今回はエネルギーについてのお話です。

あなたは「複数の体が有る」と言われたら、驚かれるでしょうか?

さて、「体」はいくつあるでしょうか?

 

あなたのエネルギーフィールドに何が起きている?

人の内側・外側では、たとえ目に見えないレベルでも、常にエネルギーが流れつづけています。

 

お気づきの方も多くいらっしゃることと思うのですが、サイキックセンス、エネルギーヒーリング、スピリチュアリティなどの実践的なトレーニングを始めると、日常生活にも、相当の変化が起きます。

 

というのもそこにさまざまな「刺激」「変化」が加わることで、人の生体内のエネルギーの流れが常に変化し続けるからです。

 

 

 

ここでいう、生体とは、人のことです。

 

エネルギーを視覚的に捉えることのできる透視能力者は数多くいます。NASAの科学者から著名なヒーラーとなった「光の手」で知られるバーバラ・ブレナンもその一人です。

 

バーバラ・ブレナンは、生体の周りに放射する微細エネルギー体を7層と数えています。

 

私がスピリチュアリズム、セラピーなどを学んだ、英国心霊協会の名誉会員であり霊媒であったマーガレット・ロジャース・ヴァンクープス博士は、肉体を含めて5つの体から成り立っているとしています。

 

ここでは「5つの体」という解釈のマーガレット・ロジャース・ヴァンクープス博士式で、解説をしていきますね。

 

 

5つの体?!

 

 

人の体は、1つの肉体(目に見える体)と、4つの異なる波長や流れをもつエネルギー体(目に見えない体)があります。

 

このうち、1つめの肉体は、誰にでも見ることができます。残り4つのエネルギー体は、微細エネルギーの体です。

 

全部で5つの体には、それぞれ異なった固有のエネルギーの流れがあります。

 

…ということは、5つの体それぞれに、固有のバイブレーション(波長)があるということです。

 

そして、それらが一つの異なる波長の集合体となって「人」が存在します。このように人の生体や物体から「エネルギーフィールド」(エネルギーの場)が生じます(ちなみに、この5つボディをつなぐ役割をしているのが「チャクラ」です)。

 

この生体のエネルギー放射を、ラテン語由来の「AURA(オーラ)」とも、呼ぶのでしたよね^^(ちょっぴり復習)。

 

この「5つのボディ(体)」と「エネルギーフィールド」「オーラ」の意味と関係が、お分かりいただけましたでしょうか?

 

 

それらについて、実際のエネルギーフィールドのダイナミックな動き、変化の仕組みなどの解説は

こちら「エネルギーを『見る』ことは可能か? ~練習すれば見えるの?」でしています。

あわせてお読みくださいね。

 

-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-

スピリチュアリティについて本格的に学びたい方へ、

365日の無料のメール講座を配信しています。

ぜひご登録ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事