<1>スピリチュアル意識とサイキック能力開発 第1.2.3日

 

<1>スピリチュアル意識とサイキック能力開発 第1.2.3日

サイキック能力…しばしば超能力と訳され誤解されやすいこの能力は、実は誰にでも備わっているものです。

 

サイキック能力とは、通常の五感で捉えられる物理的世界を超えたエネルギーを知覚する能力のことを言い、第六感やESPなどと呼ばれることもあります。

 

私たちは誰もが肉体に宿るスピリット、つまりエネルギーであり超物理的存在であるため、その知覚方法も本来、超物理的なのです。

 

真の自己(スピリット)の探究は、今世のテーマやレッスンを含む自身のスピリットとしてのあらゆる側面を理解し、才能や経験を今世で活かして生きることを可能にします。

 

人生そして霊性についての真の理解は例えるなら地図であり、サイキック能力は羅針盤。主人公であるあなたという「スピリット」が加われば三種の神器となり、あなたは真の自己つまり霊的な自己の探求という旅を存分に味わうことができるでしょう。

 

日本人は心や気、幽玄などの感覚的世界を捉えることが得意な一方、言語的理解や表現には苦手意識を感じる方も多いようです。この講座では、右脳・左脳、顕在意識・潜在意識・深層意識の機能役割の理解、クレアボヤンス(透視)、クレアオーディエンス(透聴)、サイコメトリー(超感覚)、スピリチュアリティについて、論理的な解説と実践的なエクササイズを通じて、眠っている能力を意識的に開発します。

 

2012年までの旧サイクルが終わり、地球は惑星としての進化の新サイクルに入りました。

 

これまでの「霊的に生きることについて知っている」から、「霊的に知っていることを生きる」にシフトしていく時代です。

 

あなたにも備わっている霊的知覚能力を開き、真の自己を知る旅にでて、自分を含む世界観をも一変させる体験を、ご一緒しませんか。

 

 

フィンランドでのスピリチュアル意識とサイキック能力開発講座

フィンランドの首都ヘルシンキでの「スピリチュアル意識とサイキック能力開発講座」

 

「スピリチュアル意識とサイキック能力開発講座」は、日本では2009年より毎年、フィンランドでは2013年から、スイスでは2015年から開催しています。

 

講座の体験談

 

レミは、私たちにもリーディングができることを信頼させてくれる、とてもサポーティブな教師です。

「スピリチュアル意識とサイキック能力開発講座」の1日目は、スピリチュアルな意識と、それを基礎にサイキック能力をどう開発したらよいか学べたことが、とても興味深かったです。ロジャース博士の本を読んでいたので基本的な情報は親しみのあるものでしたが、特にレミの体験や事例、洞察が多彩にちりばめられた美しいレクチャーを聴くことができ、とても興奮しました。また他の参加者たちの経験について聞けたことも、自身の問題や試練を解決するのに、とても助けになりました。

 

 

2日目のクレアボヤンス(透視)の日、低自我・高自我のエネルギーの違いを感じるエクササイズと、それがリーディング内容にどう影響するかを体感できたことも、非常に貴重な経験でした。また、高次の存在(スピリットガイド)に、クライアントへの回答に役立つイメージが絵が描かれた“オムニカード”の中のあるイメージを見るよう促されたり、部屋の中でヒントとなるものがある方向を見るように促されたことも、とても興奮する体験でした。ワオ!!それらの瞬間、私は「コントロールを手放して、マインドを空っぽにすること」の意味が理解できたのです。そしてリーディングがいかに簡単であるか、そして私たちのスピリットガイドが私たちを手助けする準備を整えているかということも理解できました。

 

3日目・クレアオーディエンス(透聴)の日、ある参加者とペアを組む必要を感じたので、実際にそうしました。最初は緊張を感じたのですが、結果的にそれは素晴らしい体験となりました!私は自身の中にあった偏見に打ち勝ち、さまざまな種類の人々をリーディングできることを理解しました。これは非常に励みになる出来事でした。そして実際にこのペアワークはとても価値あるもので、始めはバリアを感じたのですが、忍耐強く待っていると徐々に情報がやってきました。私のリーディングはとても助けになったとペアの相手が言ってくれました。彼女から私へのリーディングもとても正確なものでした。この日私は全てのことにとても興奮し、これが私が人生でやりたいことだ、という感覚を得たのです。

 

 

4日目・サイコメトリー(超感覚)での写真リーディングでは、存命中の方をリーディングをするほうが簡単に感じられました。亡くなった方のリーディングはやや難しく感じましたが、私が感じたり見たりした内容は正しいとのフィードバックを頂きました。私はこの素晴らしい講座に心から感謝しています。全てを楽しみ、たくさんの自信を得られ、人生で私のやりたいことはこれだ、との感覚を得ました。

 

 

受講後は、クライアントへのセッションがとてもやりやすくなり、より効果的に援助できるようになりました。スピリットガイドに「クライアントへのセッションを援助して下さい」とお願いするようにしてから、トリートメントはこれまでと全く異なるレベルに達しています。クライアントが何を必要としているのか、ガイドが教えてくれるので、彼らもよりよい援助を受け取れるのです。

 

 

 

 

 

1日目
特に、「霊的な探求者は自分の信念体系、価値判断のある歴史を客観的に振り返り、捉えなおす段階を通過する」ことを改めて学び、私ももっと自分の歴史について捉え直す必要性を感じました。これまで気づいていなかった細かな部分にも気づきが多く、一言もムダのない講義だと思いました。又、他者を援助することは、ネガティブを指摘したり、裁くことが目的ではない事をあらためて忘れないでおきたいと思います。レミ先生の文章はとても波動が高くて、今日の私を引き上げていただきました。すばらしいなと思いますし、心に刻みたい文章です。

 

2日目
オムニカードを使ったリーディングはもう2年以上もしたことがなかったのですが、ピンとくるあの感覚を懐かしく思いだしました。オムニカードの練習後、オムニカードのイメージよりもっとたくさんのイメージが私たちの潜在意識にあり、それを使ってリーディングするという説明がシンプルですがとてもわかりやすいなと思いました。スピリチュアル意識とサイキック能力開発講座の受講はこれで3回目になりますが、1回目、2回目の私は、今回の私より理解していなかったと思います。何度もテキストを読み、アンダ―ラインを引いたり、重要として書いたりしていましたら、ほとんど全部のページにラインが引かれていました。スピリチュアル意識の内容は本当に私の意識を高く引き上げ、大きく広げてくれます。この講座が単なるサードアイチャクラの開発講座ではない事をあらためて感じました。

 

3日目
終了して感じたことですが、ロウアーセルフの状態で相手の情報を得ようとしてもまったく得られない体験をしました。また、私の過去世は孤児で、孤独を感じていたようでした。実際私も、子どものころから孤独感があり、過去世でも孤児も何度も出てきましたので、「孤独感」は私の今世の課題のひとつなのだと思いました。ワンネスを学んだ今では、孤独感はすっかりなくなりましたが、Yさんtとのリーディングで、自分はワンネスインスティチュートで学んだことにより、「孤独感」を克服したのだなと、改めて気づきました。

 

4日目

今日は瞑想が今までにないくらいパワフルで、沢山のすばらしい体験をしました。黄金のエネルギーは、私のチャクラをすばらしくクレンジングし、過去世もまとめてライトワークできたと感じました。なにより、父と母と左右に手をつなぎ、光の中を歩けたことがとてもうれしかったです。レミ先生の「ありがとう」に私の全身が震えて、こらえるのに大変でした。こんな日が来るとは思ってもみませんでした。また、サイコメトリーのワークでも、自分の成長を感じられ、これまで勉強してきて良かったなと思いましたし、この場を作りだされたレミ先生のエネルギーも本当に素晴らしいなと思いました。ありがとうございました。

 

再受講をすることで、自分の成長を感じられました。又、今回もスピリチュアル意識の奥深さとすばらしさに感動しましたし、自分のベースとなるものとして、テキストも何度でも読み返していきたいと思いました。そしてこれからの事を仲間と分かち合えるという事に驚きと、自分の成長を感じられています。今回も新しい方々と仲間になれて、楽しい日々でした。ありがとうございました。

 

レミ先生、お忙しいかと思いますが、これからもすばらしい講座をお願いいたします。

 

 

そのほか、これまでにご参加された多くの方から数多くの体験談をいただいております、こちらもご覧ください。

 

カリキュラム

スピリチュアル意識

〇基礎レクチャー
ワンネスの仕組み
高次の意識存在とは
アストラル界の構造
アセンションとディセンション
集合意識、波動、宇宙の法則
5つのボディとチャクラ

 

霊性の探究-羅針盤と地図とスピリット
3つの主要なスキル
クレアボヤンスとは
クレアオーディエンスとは
クレアセンティエンスとは

 

〇基礎エクササイズ
ポジティブ・ネガティブな波動
ロウアーセルフ・ハイアーセルフ
グラウンディングエクササイズ
高次意識とつながるエクササイズ

 

 

サイキック能力開発

 

〇サイキック能力レクチャー

サイキック能力とは何か

顕在意識・潜在意識・深層意識
各レベルのコミュニケーション
右脳と左脳 

イメージやシンボルの解釈
真の援助となるリーディングとは
偽と真のアカシックレコード

世界の霊媒やスピリチュアリストが使う

3種類の主要なサイキック能力とその違い

ポジティブ・ネガティブな使い方と注意点

 

〇クレアボヤンス開発エクササイズ
フォーカスツールを使ったリーディング
3つの意識レベルによる情報の違い
高次とつながりイメージ・情報・ガイダンスを受け取る
ペアワーク(相手の課題・レッスン、才能・長所、未来)

 

〇クレアオーディエンス開発エクササイズ

3つの意識レベルによる情報の違い
声・口癖・言葉・思考のリーディング
音の情報・ガイダンスをリーディングする
高次とつながりスピリチュアルメッセージ・アドバイスを受け取る

 

 

〇クレアセンティエンス開発エクササイズ

安全な使い方
高自我・低自我
心身の特徴・状態・感情・性格のリーディング
写真や物から持ち主の性格・特徴・状況リーディング
亡くなった方の性格・特徴・状況のフォトリーディング

 

 

〇すべてのセンスを使った統合リーディング

 

 

 

 

スピリチュアル意識とサイキック能力開発講座 (集中講座 第1.2.3日目)

2017年5月27日(土)28(日)6月3日(土) 東京都中央区八丁堀

受講料 180,000円(税抜)

 

集中講座・単発での受講について、お問合せをいただいており、ありがとうございます。

単発受講につきましては、集中講座の募集が終了したのちに、5月中旬頃より、正式受付をさせていただきます。

単発での受講をご希望の方は、メルマガにご登録いただき、受付開始までいましばらくお待ちください。

 

■単発受講のステイタスは「受講」となります。修了・認定とはなりませんので、ご注意ください。

■こちらの講座は集中講座の最初の科目となります。単発でご受講の方で、5月31日までに集中講座へのお申込いただく場合、当講座の受講料を差し引いた残額をお支払いいただくことで、集中講座へお切替が可能です(参加枠がある場合)。その際、当講座の受講料は、集中講座の割引適用後の受講料となります。

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加